神保町 餃子小籠包

古書店や新刊書店が多く集まる世界一の本の街とも言われている神保町は「東京中華街」だったことをご存じですか?
明治以降、神保町には次々に学校が建てられていき、それらの学校で学ぶためにたくさんの中国人が来日しました。中国の作家魯迅や中華民国を打ち立てた孫文、そして毛沢東を補佐し中華人民共和国を建国した周恩来も神保町で学んでいました。神保町で学ぶ中国人が増えたことで中国人の交流の場として彼らに食事を提供する店も増えていき、明治末期には神保町界隈が一大中華街となりました。
当店は、餃子と焼小籠包をはじめとした町中華として2022年5月に東京中華街の名残を残す神保町に新規オープンいたしました。

「厚皮派」?「薄皮派」?
東日本と西日本では餃子の皮が違うんです。東日本では、食べ応えのあるモチモチの厚皮餃子が主流、西日本では皮がパリパリになるまで焼いた薄皮餃子が主流と言われています。東日本のボリューム満点モチモチ餃子に対して、西日本ではパリパリ一口餃子が好まれます。当店では、東日本風のモチモチ厚皮を使った餃子を各種取り揃えています。また、黒豚餃子、しそ餃子、にんにく餃子、海老ニラ餃子は、その大ぶりなサイズも特徴です。薄皮パリパリ好みの方には、パリパリ棒餃子も用意しています。
餃子同様、小籠包にも、厚皮と薄皮があります。小籠包発祥の地・上海では蒸し小籠包には薄皮、焼小籠包(生煎湯包)には厚皮が基本です。小籠包は台湾でも、とても人気があり小籠包専門店もたくさんあります。台湾では、北部(台北近郊)では薄皮の蒸し小籠包が好まれ、南部(高雄近郊)では、厚皮の焼小籠包が人気です。

神保町餃子小籠包
からあげ
●パリパリ棒餃子

中国華北や台湾などでは、焼き餃子は「鍋貼(グオティエ)」と呼ばれ、ひだがなく細長い形のもの。日本では、棒餃子と呼ばれています。包まずに簡単に作れる軽い口当たりの棒餃子は、日本でも大人気。当店の棒餃子は、薄めの皮で具を包み、両面をパリパリに焼きあげています。
【4個入り】200円
【8個入り】400円
【12個入り】580円

神保町餃子
●神保町餃子

当店の定番焼餃子。あっさりとした軽めの味わいのモチモチ皮の餃子です。餃子は戦後に中国から日本に伝わった料理ですが、日本と中国の餃子は全く別のものです。日本の焼餃子は独自の進化を遂げ、今日では英語圏でも「Gyoza=ギョウザ」と呼ばれ、日本料理と位置付けられています。
【4個入り】240円
【8個入り】480円
【12個入り】700円

黒豚餃子
●モチモチ黒豚餃子

黒豚を使った具を手作りの大きめのモチモチ皮に包み、しっかりと焼き上げたモチモチ餃子です。大ぶりでやや厚めの皮のモチモチ餃子は、ボリューム満点!また、豚特有の独特なにおいが少なく繊維の細かい黒豚の具は、ほのかな甘みのある旨味を含んだ上質な味に仕上がっています。
【4個入り】500円
【6個入り】730円

しそ餃子
●しそ餃子

大葉のさわやかな香りが広がるしそ餃子。日本式餃子の代表格です。粘りが出るまできちんとこねたひき肉はジューシーで、爽やかな大葉の風味が食欲をそそります。あっさりとポン酢で食べるのがオススメ!サッパリ大根おろしと一緒に食べるのもアリです。
【4個入り】500円
【6個入り】730円

海老ニラ餃子
●海老ニラ餃子

コク出しのための豚バラ肉を隠し味に、プリプリ食感の丸ごと海老とニラが主役の海老ニラ餃子。大ぶりでモチモチの皮は、1枚ずつ手作り。まるで包子のようでボリューム感があり、食べ応えも十分、食べれば大満足。実は、当店の隠れ人気餃子なんです。
【4個入り】500円
【6個入り】730円

にんにく餃子
●にんにく餃子

にんにくが大好きな方向け、最強にんにく味の餃子。にんにくたっぷりの具をモチモチの皮で包みこみ十分に火が通り焼きあがったら、にんにくチップをマシマシトッピング。にんにく好きなにはたまらない、にんにく臭&にんにくパワー全開です。
【4個入り】500円
【6個入り】730円

小籠包
●焼小籠包(生煎湯包)

生煎湯包とは、ひき肉の具を小麦粉の生地で包み、鉄板で蒸し焼いたスープ入りの包子のこと。単純に小籠包を焼いたものと違う独特な上海料理です。上海発祥の料理ですが、台湾高雄市ではいつも行列ができるほど大人気。当店の焼小籠包は台湾高雄風、大ぶりでモチモチの皮、ギュッと詰まった餡、たっぷりの肉汁が特徴。普通の小龍包と比べてなかなか冷めず、中のスープはアツアツのままなので食べるのには注意が必要。
【4個入り】550円
【6個入り】800円

からあげ
●からあげ

モンドセレクション受賞・からあげグランプリ金賞のからあげは、各種スパイスを配合し小麦不使用の秘伝のタレで下味をつけ、片栗粉の衣をまとったグルテンフリーからあげ。しっかりとした下味がついているので、冷めても美味しくいただけます。また当店の一番人気、台湾夜市の定番「大きいからあげ 大鶏排」は日本でも話題独占、豚肉のからあげ「排骨(パーコー)」も人気です。
【台湾大鶏排】1枚500円
【排骨】500円
【その他】300円〜

胡麻団子
●中華点心

点心とは、中国語で「軽食」や「間食」という意味です。餃子や小籠包も点心となりますが、小吃のみならず「間食」を表すことから、お菓子類も点心ということになります。点心の明確な定義はないものの、主菜とスープ以外の料理、餃子や小籠包のほか春巻や焼売なども点心と呼ばれることが多くなっています。
【にんにく春巻】500円
【揚肉肉焼売】500円
【胡麻団子】500円
【その他】300円〜

●台湾美食

美食天国、台湾。台湾料理は原住民料理のルーツを持ち、中華料理をベースに日本や西洋、そして台湾独自のアレンジを加えミックスした料理です。台湾料理は、香港同様に中国本土より洗練された中華料理とも言われ日本人の口に合う料理が多くあります。台湾夜市で人気の料理や台湾の家庭料理をお楽しみください。
【焢肉-台湾風豚角煮】600円
【魯肉飯】700円
【鶏肉飯】700円
【台湾QQ球】500円
【その他】300円〜

酢豚
●町中華

古くから地域に愛され続ける、中華料理を中心とした大衆食堂を総称して「町中華」と呼びます。1,000円以内で満腹、多様なメニューでツマミもあって酒が飲めるのが町中華。町中華ならではの一品料理やラーメン、炒飯など食事、ビール、焼酎やハイボール、中国酒、台湾酒などの各種お酒を取り揃えています。昼呑みも大歓迎です。
【棒棒鶏】600円
【ニラレバ炒め】800円
【回鍋肉】800円
【酢豚】850円
【その他】500円〜

ルーロー飯
●定食・お弁当

台湾グルメの代表格、魯肉飯や鶏肉飯、餃子カレー飯などの台湾屋台食、各種麺類、炒飯やどんぶりなどのお食事は常時提供中です。またランチタイムには、餃子盛り合わせ定食、からあげ定食のほか、日替わりランチ定食や麺とご飯のセットメニューを用意しています。店頭では、ワンコイン500円弁当や各種丼も販売しています。
【からあげ弁当】500円
【餃子カレー】800円
【その他】500円〜
*ランチメニューはココから確認
日替りランチ定食】750円


他にも、ご飯のおかずからお酒のおつまみまで、多数のメニューを取り揃えています。

アクセス

神保町 餃子小籠包

東京都千代田区神田神保町1丁目25番地(〒101-0051)
電話: 03-5280-8688(電話注文予約承ります)
東京メトロ半蔵門線「神保町駅」下車 徒歩6分
都営地下鉄三田線・新宿線「神保町駅」下車 徒歩6分
JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」下車 徒歩10分
営業時間:平日 午前11:00~午後3:00、午後5時〜午後10:00(ラストオーダー)
     土日祭日 午前11:00~午後8:00(ラストオーダー)
定休日:不定休

*ランチセットあり。
*テイクアウト販売あり。
*お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。
*各種クレットカード、電子マネー、QR決裁、PAYPAY利用可能。

TOP